Nuri's Warung (ヌリスワルン)のポークリブは絶品!


nuris_warung店内に浮かぶ豚
こちらのサイトで、ウブドで大人気のNuri's Warung がスミニャックにもできたと知り、行ってきました。
ここは、ポークリブが評判のお店です。

- スポンサードリンク -

天井には豚の人形がぶら下がり、壁には豚のイラストが飾ってあり、軒先には豚の置物まである徹底して豚をクローズアップした店内。唯一、トイレの入り口だけアメリカンな感じで、瓶ビールの蓋で簾が作られており、面白くて洒落たレストランです。

nuri's warung店内
カウンター席では、常連がスタッフと楽しそうに盛り上がっていました。スタッフがフレンドリーなので、一人できても楽しめそう。

ヌリス・ワルンのトイレ入り口
ヌリス・ワルンの壁に掛けられた豚の絵さて、肝心の料理ですが、あまりお腹も減っていなかったこともあり、3品だけ食べました。
まずは、ポークリブ。店頭のチャコールで焼き上げています。外はカリッとしていますが、中はとてもやわらかい!ちょっと濃いめの味付けがビンタンビールにスゴいあうので、ビールが進みます!!あっという間に3杯空けてしまいました。これで85,000ルピア。大体800円くらい。安いですよね〜。どのテーブルのお客もポークリブを食べていたのでポークリブは間違いないと思います!

ヌリスワルンのスペアリブこちらは、グリーンサラダ。ガラスのボールにたっぷりと野菜が盛られています。まあ、野菜なので普通です。スペアリブの箸休めに女性は注文されては? 28,000ルピア。

ヌリスワルンのグリーンサラダ
3品目がソトアヤム。鶏肉のスープです。バリでは珍しくエビせんではなく、ポテトチップが付け合わせでついてました。春雨や肉がちょっと堅かったのがマイナスポイントで、味もまあ普通。35,000ルピア。

ヌリスワルンのソトアヤム
17時半に予約を入れて行きましたが、18時を過ぎるとあっという間に店内は、満席になったので遅い時間に行くのであれば予約をして行った方が良いと思います。
時間があれば、最終日にもう一度ポークリブを食べたかったと思わせるおすすめのレストランです。

[公式サイト] http://www.naughtynurisbali.com
 

- スポンサードリンク -

デル株式会社